最強:マクロで自動リコイル制御するチートマウスを紹介

《 SNSシェアよろしくお願いします 》

・SNSシェアお願いします↑↑

- -〈《 新着記事 》〉- -

A4Tech Bloodyシリーズ

マクロを組んで自動でリコイルコントロールが出来るよ。

というゲーミングマウスです。

恐るべきは、性能が高くマクロを組まなくても良い性能をしているのに強力なマクロが組めること。

そして、性能に見合った価格より安いこと。

今回はレビューではなく紹介になります。

- -〈《 下に続く 》〉- -
スポンサーリンク

リコイルコントロールマクロの脅威

リコイルコントロール制御 マウスの動画

動画内のマウスはZL5Aではなく、下位機種に当たるV8MAですが、凄いですね。

マクロによるリコイル制御の例は、1つ目の動画の一番最初が分かりやすいかもしれません。

1つ目の動画はBloodyシリーズの設定についても触れられています。

つまり、銃のブレを自動で制御してくれるマウスという事ですね。

手動でリココン(リコイルコントロール)するテクニックについてはこちら↓

日本1位のfps講座:リコイルコントロール タップ.バースト撃ちの練習方法
銃の命中率を上げる方法 リコイルとは このブログ、実はテクニックの専門記事を書いていなかった事に気が付きました。 リコイルコントロールに…

猛者にとっても、実はとても有利

CS機のfpsも、PCのfpsも右上のブレ+ランダムリコイル という武器が多いです。

具体的なゲーム名で言えばBF、CoD、R6S、AVA等々…

これらのゲームの上級者以上、猛者プレイヤーにもなれば ww2のppsh、BF1のマチコ等々 反動が強い人気SMGもリココンは自然に出来ています。

ただ、それでもやはり自動でリコイルコントロールが出来るというのは大きいです。

基本的にリココンはマウスを下に下げながら、無意識にランダムリコイルにも対応させて微調整しているんですよね。

これはもう大会上位を狙えるレベルのプレイヤーにもなれば全員が無意識のうちに経験で覚えている様なモノだと思います。

当然、マウスを下に下げる動作が無くなればランダムリコイルの制御や敵に弾を当てる事、ヘッドショットを狙う事に集中出来ます。

初心者だけではなく猛者プレイヤー、中級者・上級者 幅広くおすすめできるかもしれません。

性能

Bloodyシリーズの中でも、FPS用やMMO用等分かれているみたいですが、オーソドックスな人気のあるZL5Aの仕様。

解像度:100-8200CPI
トラッキング速度:150インチ/秒
応答速度:125-1000Hz
クリックレスポンス:1ms
ボタン寿命:20万回
ボタン数:10
メモリ:160KBオンボード 3プロファイル設定可能

こんな感じのようです。

気になるのは、コード含め140gと少々重いことと、胴が太いことでしょうか。

ボタン数も10と多いですし、各ボタンの位置も押しやすいと思います。

特に親指の3ボタンが秀逸ですね。

中心に親指を置いて、親指の傾きと押込みで3ボタンをコントロールする形になります。

解像度も8200DPI(CPI)まであり、プロファイルも3つ保存できるのでゲーミングマウスとして抑えたいポイントは抑えています。

秀逸なマクロを積んで6000~7000円以下なので、凄い。

- -〈《 下に続きます 》〉- -
スポンサーリンク

追記:品切れ等々が頻繁に起こるようです。

今現在(2018/3月)はV8MAが在庫有りで、ZL5Aが在庫有りません。

下位機種とはいっても、3200DPIという解像度はゲーム内感度でも調整が取れますし、動画内で実際に使用しているマウスもV8MAなので実用性は問題ないと思います。

さらに下位で在庫があるのはTL8ATL7Aになるみたいです。

100%ハードウェアチート・風当たりは

PCやPS4のマウサーのフレンドとマウスの話をしても、正直あまりマウスのハードウェアチートについては触れることがありません。

余談 このマウスを知ったきっかけ

ただ、実はこのマウスを僕が知ったきっかけは BF4のPS4版AEK-971リコイルコントロールめちゃくちゃ上手い人がいて、この例えはわからない人もいるかもしれませんが・・・

BF4 ドーンブレイカー マップ名称:ドミネB旗・渡り下(渡り廊下・橋)から大外に大ダメージorキル

出来る人がいたんですよね。

その人がこのマウスを使っていた、という噂をPS4版BF4民のフレンドから聞いたことがありました。

それでも、その人に対する風当たりはあまり強く無かったです。

理由として、このマウス自体の知名度や、実際の機能をよくわかってなかった人が多かったような気はしますが。

ただし、自動リコイル制御マウスはハードウェアチートなので、野良(公開)では自己責任になるかもしれませんがクラン戦(大会・交流戦)では100%NGでしょう。

野良でも、というか使用する事自体気をつけたほうがいいかもしれません。完全に自己責任でお願いします。

まとめ

以上です。

リコイルコントロールが難しいと感じたら検討してみてください。

特に、リコイルの大部分がプログラム化されたリコイル(リコイルの形が毎回近い)でリコイル自体強く、リコイルのランダム性も比較的小さいCSGOに有効なようです。

- -〈《 下に関連記事 》〉- -
スポンサーリンク

《 SNSシェアよろしくお願いします 》

- - -《《 関連記事 》》- - -

スポンサーリンク