【FPS】G502ゲーミングマウスレビュー・モンゴリアンスタイルにおすすめ

image

今回はボタン数が多くて性能も高いG502をレビューします!

ロジクール G502 チューナブル ゲーミングマウス

ロジクールのG502を紹介します!

このマウスは、ゲーミングデバイスメーカー大手のロジクールが今一番プッシュしているゲーミングマウスですね。

性能もコスパも高く、良いマウスを望むユーザーに好評です!

カスタマイズが色々出来るのと、性能が良いのでロジクールがスポンサーに付いているプロゲーマーの方なども良く使っている印象があります。

有線の光学式マウスですね!

スポンサーリンク

特徴

ボタン数が多い

パッと見で分かる一番大きな特徴としてボタン数が多いことが挙げられます!

その数はなんと12。

ライバル機のRazer デスアダー(ボタン数5)やスティールシリーズ ライバル(ボタン数6)などと比べると一目瞭然、G502の一つ下のマウスG402(ボタン数8)と比べると12ボタンの凄さが分かります!

【FPS】ロジクールのG402ゲーミングマウスのレビュー・性能
ロジクールG402ゲーミングマウス LOGICOOL ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402 posted wi…

また、ボタンの押しやすさですが12ボタンも有るので手の大きさによっては少し押し難いボタンもあります。

それでも他のマウスと比べると押せるボタンの量は格段に多いですね!

モンゴリアンスタイルの方に人気

コン シューマー機(PS4やXBOXなど)でマウスを使うモンゴリアンスタイルマウサーの方に人気があります!

モンゴリアンスタイルとは、左手はコントローラー、右手はマウスでコンシューマー機のFPSをプレイする人達のこと。

やってみると分かりますが、左手にコントローラーを持つとキーボードの時に比べて左手で操作できる量が減ります。

その結果、右手に色々な操作を委ねるわけであり、右手に持つマウスのボタン数が多いと色々な操作を右手ですることが出来るということです!

逆にボタン数が少ないマウスでモンゴリアンスタイルをやると全てのボタン操作が出来ないこともあるので注意!

↓マウサー用コンバーター

【CrossHair】PS・Xboxコンバータークロスヘアーレビュー・設定
今回、Game Dragonのs様より提供をいただきました。 良い商品をありがとうございました! これからも何かありましたらよろしくお願…

性能・コスパが高い

000 dpi 最大加速:>40G 最大速度:>300 ips
(ロジクールG240ゲーミング マウスパッド上でのテストによる)
感応度 – USBデータフォーマット:16ビット/軸 USBレポートレート:最大1,000レポート/秒 マイクロプロセッサ:32ビットARM 
レスポンスに特に優れたオプティカルセンサーで最高のトラッキング精度を実現 (PMW3366)。独自のロジクールG Delta Zero オプティカルセンサーテクノロジーがマウスの加速を最大化し、高精度なターゲティングを実現。簡単に切り替えられるDPI設定は、200から12,000DPIまでの5段階から選択。

DPIの設定は5つも保存可能、DPIも12000と化け物レベル!

性能的に不足は無し!!

カスタマイズ

マウス接地面に合わせてセンサーを調整することで、センサーのパフォーマンスを最大化し、リフトオフを軽減。カスタムマクロを使用することで、ボタンそれぞれにプログラミング設定が可能。ライト、DPI設定、およびマクロ設定は、ロジクール ゲーミング ソフトウェア上でボタンプロファイルとして管理可能。

難しそうに見えますが、つまりはトラッキングの変なミスが減らせて、ボタンに決めた行動を割り当てられますよ。

ということ。

ゲームをする上での決まった動作を自動化できる、という感じ!

また、3.6gの重り5つを使ってカスタマイズする事で自分に合った最適な重量バランスのマウスが作れます!

後はRGBのモデルを買うと「G」のロゴを1680万色に光らせることができます!!

まとめ

ロジクールがプッシュしているだけあってなかなか良いマウスですね!

カスタマイズも色々出来ますし、ボタン数も多いので良いマウスを長く使いたい方におすすめ!!